PACS(臨床研究開発部)PACS

PACS(臨床研究開発部)PACS

理事長ご挨拶

平成31年3月1日、一般社団法人是真会の未来戦略として、『臨床研究開発部』(PACS;Promoting Advanced Care Support)を開設しました。

PACSは各種疾患の疫学・病態・診断・治療・リハビリテーション・看護・栄養・介護・福祉・地域医療などについての研究・開発に関する業務全般を行ない、当該疾患の医学・医療の発展に資することを目的としています。

私たちは、当法人の理念である『地域リハビリテーション「障害のある子どもや成人・高齢者とその家族の人としての尊厳を守り、住み慣れたところで安心して、その人らしく、生き生きと生活していけるように質の高いリハビリテーションサービスを提供する」』を超高齢・少子時代を見据えて、より積極的、具体的に推進し、地域包括ケアシステムの構築に寄与することを目指しています。

そのため、新たな治療法やシステムの提案そして最新技術を駆使したツール(自立支援機器)の開発等を迅速且つ具体的に展開し、産学官民の連携体制の構築を行っていきます。

またPACSは地域医療および地域リハビリテーションに寄与する職員の心豊かな未来の扉を開かんとするものであります。

一般社団法人是真会 代表理事 栗原正紀

基本方針

  • 実施する研究開発は地域医療および、地域リハビリテーションの推進に寄与するためであり、患者・家族そして地域住民に有用であることが前提とする
  • 共有する理念・価値観に基づく産・学・官との協働を積極的に展開する
  • 本法人は研究開発における実証の場としての役割を積極的に担う

臨床研究に関する情報公開について

当院では、国が定めた指針に基づき臨床研究を実施しております。この研究が適切な研究であるかは医療の専門家だけではなく、法律の専門家や一般の方で構成された倫理審査委員会で審議されます。

臨床研究は患者さま・ご家族のご理解とご協力により進めていくものでありますが、臨床研究を実施するためには、国が定めた指針に基づき、情報を公開する必要があります。
情報公開の際や、学会や誌面で発表する際には、住所や氏名など個人を特定できる個人情報は削除いたします。
研究に使用してほしくないと思われるとき、また研究に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。研究参加への拒否を申し出られたとしても、その後の治療に不利益を受けられることはございません。

お問い合わせ
長崎リハビリテーション病院
診療サポート部長
電話:095-818-2002 / FAX:095-821-1187

※「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、「ヘルシンキ宣言」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイダンス」を遵守しています。

PACS組織図

PACS組織図

研究グループ

ご寄附について

当法人は医療・介護の質を高め、さらなるサービス向上とホスピタリティ溢れる環境を保っていくため、寄付をお願いしております。ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

研究活動の不正行為・研究費の不正使用に関する相談及び通報窓口
〒850-0854 長崎市銀屋町4番11号
長崎リハビリテーション病院
担当:診療サポート部長
電話:095-818-2002(受付時間:平日9:00~17:00)
FAX:095-821-1187

研究活動の不正行為・研究費の不正使用に関する相談及び通報窓口
専用フォーム

必須お名前
フリガナ
電話番号
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
ご相談・通報内容
必須送信確認